ロボットの動きを操作する方法には様々な手法がありますが、SKELETONICSで採用しているのは人体の動きと同じようにロボットが動作するマスタースレーブ方式です。

スケルトニクスシリーズでは電気を使わないリンク機構によるものですが、モーターを使ったマスタースレーブ技術の開発にも取り組んでいます。

人の動きに同期して動き、人よりも大きなロボットや人よりも小さなロボットに適用できます。 また離れた場所で同期を実現することもできます。