試作段階や細かい部品などを作るときは、コンピュータ制御されたレーザー加工機で板材を切断して製作することも可能です。

木材、紙、樹脂材料等を比較的高速に加工することができます。

調整によって、表面だけにレーザーでマーキング(画像、文字など)をするのにも使用できます。