ロボットとコントローラー、パソコン、他のロボットとの通信を有線で行うこともできます。

無線通信に比べ、光や音、電波などの外からの影響を受けづらい安定した通信が可能です。

通信データ規格としては、シリアル通信規格が多用されます。

通信技術は、複数の機械を通信させて連携させるといったロボット製作を可能とします。