ロボットを無線で操縦する場合、赤外線を用いてシリアル通信を無線化し信号を送る手法があります。

PCとロボット間、またリモコンとロボット間での、屋内近距離通信に適します。

光を使用するので、見通しの利く場所に限りロボット同士や、他の機械との連携を実現できます。