SKELETONICSでは大型のロボットを製作するなかで、ロボット自身の骨組みであったり、ロボットを支えるスタンドであったりなどの重量のある構造を製作してきました。

重量のある構造物が作れると、大きなロボットであったり、動きのある大きなものを作ることが可能になります。

これまでに560kgのロボット骨格の作製事例があります。