マスタースレーブ技術

マスタースレーブ技術

 

ロボットの動きを操作する方法には様々な手法がありますが、SKELETONICSで採用しているのは人体の動きと同じようにロボットが動作するマスタースレーブ方式です。

スケルトニクスシリーズでは電気を使わないリンク機構によるものですが、モーターを使ったマスタースレーブ技術の開発にも取り組んでいます。

人の動きに同期して動き、人よりも大きなロボットや人よりも小さなロボットに適用できます。 また離れた場所で同期を実現することもできます。

 

グラフィカルユーザーインターフェース

グラフィカルユーザーインターフェース

 

ロボットの操作インターフェイスとして、もしくはセンサーからの情報を表示するために、コンピュータやスマートフォンなどの画面にボタンや情報を表示するプログラムを使用することがあります。

機械的なスイッチ等に比べ、変更が容易であったり、伝わりやすい表示ができるなどの特徴があります。

コンピュータからのロボット操作、画面を利用した直感的なロボットなどが開発できるようになります。