重量構造物製作

重量構造物製作

 

SKELETONICSでは大型のロボットを製作するなかで、ロボット自身の骨組みであったり、ロボットを支えるスタンドであったりなどの重量のある構造を製作してきました。

重量のある構造物が作れると、大きなロボットであったり、動きのある大きなものを作ることが可能になります。

これまでに560kgのロボット骨格の作製事例があります。

 

メカトロニクス技術

メカトロニクス技術

 

メカニクス(機構)とエレクトロニクス(電気工学)を融合させた分野として、メカトロニクス技術があります、

ロボットは機構だけ、電気だけ、よりもそれぞれをうまく組み合わせることで高い能力や複雑な機能を実現します。そのために不可欠になるのがメカトロニクス分野の技術です。

メカトロニクスの技術によってセンサーで環境の状態を取得したりコンピュータと連携し処理を行う機械やロボットの作製が可能になります。

各種機構要素、電気回路、プログラム等を組み合わせて目的の機能をつくります。

DSC00452

マスタースレーブ技術

マスタースレーブ技術

 

ロボットの動きを操作する方法には様々な手法がありますが、SKELETONICSで採用しているのは人体の動きと同じようにロボットが動作するマスタースレーブ方式です。

スケルトニクスシリーズでは電気を使わないリンク機構によるものですが、モーターを使ったマスタースレーブ技術の開発にも取り組んでいます。

人の動きに同期して動き、人よりも大きなロボットや人よりも小さなロボットに適用できます。 また離れた場所で同期を実現することもできます。

 

パワードスーツ技術

パワードスーツ技術

 

SKELETONICSが得意とする人間の動作を拡大したり力を強化するパワードスーツ技術は、人体の動きと機械装置を矛盾なく組み合わせる必要があります。そのことは、身体との接触のないロボットの技術とはまた違った難しさがあります。

パワードスーツの技術は人の力を強くしたり、大きなロボットと人を同期して動かすために必要な技術です。

 

SK-003 Skeletonics Hope
スケルトニクス・運用モデル

スケルトニクス・運用モデル

 

弊社ではスケルトニクス・アライブ、スケルトニクス・リメイクの2台のスケルトニクスが、常時イベント運営可能な状態にあります。 2台でのライブパフォーマンス、または、2箇所同時にイベントに派遣することも可能です。

常にイベントでのライブパフォーマンスができるよう、日常の整備は欠かしません。

SK-005 Skeletonics Arrive
SK-002 Skeletonics Remake
ロボット特注製作

ロボット特注製作

 

弊社ではご要望に応じて、我々のロボットへの知見や経験を活かしたロボット製作や、ロボットが出演するパフォーマンスプランなどを提案して参りました。

エンターテイメント、パフォーマンスとしてのロボットと、実際の機械としてのロボット、両方を見渡し、効果的なロボットを提案することが可能です。

 

特注製作

ロボット・パフォーマンス

ロボット・パフォーマンス

 

スケルトニクスシリーズをはじめとした、ライブパフォーマンス分野におけるエンターテイメントロボットの開発を主軸にロボット事業を行ってきた弊社では、観客の感情に訴えかけるようなロボットの見せ方、またライブパフォーマンスやプレゼンテーションのための現地でのロボット運用の提案が可能です。

スケルトニクスシリーズのパフォーマンスや、ロボットの展示、プレゼンテーションのご相談もお問い合わせください。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ロボットプロジェクトマネジメント

ロボットプロジェクトマネジメント

 

ロボットの製作プロジェクトでは、その要素が多岐にわたることや、複雑さによって達成したい目標が曖昧になりがちであったり、要素技術だけではなく統合が重要であったりといった特徴から、それに合ったマネジメントが求められます。

SKELETONICSでは目標の設定からロボットの完成までを一貫して行ったプロジェクトの経験を持つので、「ぼんやりだが、こんなロボットがやってみたい」「始めたはいいが成果がなかなかあがらない」といったプロジェクトに関する問題にも対処可能です。 またロボットについての情報、動向も収集分析を行っています。

SK-005-W Skeletonics Arrive
SK-005-W Skeletonics Arrive
小型ロボット模型作製

小型ロボット模型作製

 

SKELETONICSが保有する動作拡大型スーツは大型のものが多いですが、試作や検証のために小型のロボット模型の製作を行うこともあります。

小型ロボットには小型サーボモータやレーザカット部品等を使用します。

小型で複雑な動きをするロボットも製作可能です。