Bluetooth通信

Bluetooth通信

 

ロボットとPC、センサーとPC間での通信に使用できる無線規格にBluetooth通信があります。

ロボットで使用される他の無線規格よりも、家庭用PC、スマートフォンとの接続に優れます。

Bluetooth機器と接続したロボットや、センサーなどが作製できます。

 

 

 

 

 

 

ZigBee通信

ZigBee通信

 

ロボットへ遠隔操作指示を伝えるためにZigBee無線規格が提案できます。近距離かつ複数台の接続で強みを発揮します。

センサーを複数無線で接続し、データを収集するような用途にも適しています。

ラジコン無線、赤外線と比較すると安定した無線通信が行えます。

 

 

 

 

 

 

有線通信

有線通信

 

ロボットとコントローラー、パソコン、他のロボットとの通信を有線で行うこともできます。

無線通信に比べ、光や音、電波などの外からの影響を受けづらい安定した通信が可能です。

通信データ規格としては、シリアル通信規格が多用されます。

通信技術は、複数の機械を通信させて連携させるといったロボット製作を可能とします。

 

 

 

 

 

 

ラジコン無線通信

ラジコン無線通信

 

ラジコン無線を用いてロボットへの指示を送ることで、ロボットの操縦に使用できます。リモコンとロボット間での屋内外近距離通信に適します。

電波を用いて通信するため、赤外線通信に比べ遮蔽物や光に影響されにくい通信です。

離れた場所や、ステージの袖など見通しの悪い場所からでもロボットが操縦できるような技術です。

 

 

 

 

 

 

赤外線通信

赤外線通信

 

ロボットを無線で操縦する場合、赤外線を用いてシリアル通信を無線化し信号を送る手法があります。

PCとロボット間、またリモコンとロボット間での、屋内近距離通信に適します。

光を使用するので、見通しの利く場所に限りロボット同士や、他の機械との連携を実現できます。