メカトロニクス技術

メカトロニクス技術

 

メカニクス(機構)とエレクトロニクス(電気工学)を融合させた分野として、メカトロニクス技術があります、

ロボットは機構だけ、電気だけ、よりもそれぞれをうまく組み合わせることで高い能力や複雑な機能を実現します。そのために不可欠になるのがメカトロニクス分野の技術です。

メカトロニクスの技術によってセンサーで環境の状態を取得したりコンピュータと連携し処理を行う機械やロボットの作製が可能になります。

各種機構要素、電気回路、プログラム等を組み合わせて目的の機能をつくります。

DSC00452

はんだ付け

はんだ付け

 

ロボットに使用する電気回路、配線などの基板への取り付けには、はんだ付けを使用します。基板上での回路修正なども行います。

はんだ付けにより、ロボット向け回路基板作製や既製回路のロボットへの適用も可能になります。

この他に、より大きなはんだコテを使用した板金加工としてのはんだ付けも行います。

 

 

 

 

 

 

基板設計

基板設計

 

ロボットは電気やコンピュータによる制御を利用するので、その製作をするうえで回路基板の設計、製作は頻繁に発生します。

コンピュータ上で回路図を描き、それをもとに実際の基板を製作します。

電気回路だけではなく、機械装置をも理解したうえで、装置に組み込むのに最適な基板を設計することが可能です。

 

 

 

 

 

 

DSC00389