ドバイ首長国首相オフィスにスケルトニクスを販売

ドバイ首長国首相オフィスにスケルトニクスを販売

ドバイ首長国首相オフィスにスケルトニクスを販売致しました.

スケルトニクス株式会社と佐川電子株式会社とムリョスマ株式会社の関係について

以前より佐川電子株式会社のパワードジャケットとスケルトニクス株式会社のスケルトニクス等の類似性の指摘について,問い合わせが急増しているため今回のお知らせに至ります.

スケルトニクスはスケルトニクス株式会社の設立メンバーが2010年に制作を行い2011年2月に動画サイトに投稿することで公に周知されました.
類似性の指摘の問い合わせが出始めたのは2013年7月に佐川電子株式会社のパワードジャケットが公に周知されてからのことです.

しかしながら,上記のとおり,佐川電子株式会社とスケルトニクス株式会社の間に,経済および技術的連携がありませんことをここにお知らせ致します.

また,同様に2013年07月よりムリョスマ株式会社より配信されている漫画「エクゾジャケット」とスケルトニクス株式会社の間に経済的提携および技術的提携の一切の関係がないことをにお知らせ致します.

映画「ベイマックス」公開記念”SKELETONICS ROBOT SHOW”を開催します

 
イオンモールむさし村山にて映画「ベイマックス」公開記念 SKELETONICS ROBOT SHOW を開催します!

 
イオンモールむさし村山公式ホームページ :: イベントニュース一覧
http://musashimurayama-aeonmall.com/news/event/347
【会場】 イオンモールむさし村山1Fノースコート 〒208-0022 東京都武蔵村山市榎1−1−3
【時間】 12月7日(日)10:00~22:00
【参加者・参加機体】 白久,阿嘉,スケルトニクス・アライブ
【参加費】 無料
【プログラム】
■トークショー 15:00~15:30
■5名限定!登場体験じゃんけん大会 15:30~16:00
■スケルトニクス 展示 展示時間:10:00~22:00
■動く!デモンストレーション! 1回目:13:00~13:30 2回目:17:00~17:30
■ロボット撮影会 1回目:13:30~14:00 2回目:17:30~18:00

 

IPA未踏事業のスーパークリエータに認定

弊社代表白久がIPA未踏事業のスーパークリエータに認定されました。

プレス発表 「2013年度未踏IT人材発掘・育成事業」のスーパークリエータ9名を認定:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/about/press/20140922.html

IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2013年度に採択した未踏クリエータ22人の中から卓越した成果を挙げた9名を「スーパークリエータ」として認定しました。

5)外部動力に頼らない人力によるメカニカルスーツの開発(別紙9頁)
アニメや映画等に登場する身体動作を拡大するロボットのように四肢動作を拡大する装置“動作拡大型メカニカルスーツ”の開発を行いました。“メカニカルスーツ”を操作者が人力で楽に操作できるよう独自のプログラムも活用し改良を重ねた結果、総重量40kgあるスーツを1人で装着出来るようになり、また従来よりも12倍程度(従来:5分、新バージョン:60分)長く操作できるようになりました。

10628529_946387192042035_6204803548031676078_n

経済産業省のコンテンツ技術イノベーション促進事業「Innovative Technologies 2014」に採択

第五世代モデル「スケルトニクス・アライブ」が,
経済産業省のコンテンツ技術イノベーション促進事業「Innovative Technologies 2014」に採択されました.

経済産業省は、コンテンツ技術のさらなる活用と発展を促進することを目的とした、コンテンツ技術イノベーション促進事業の一環として、20件の優れたコンテンツ技術を「Innovative Technologies 2014」として採択しました。
全ての採択技術は10月23日から日本科学未来館にて行われる「デジタルコンテンツEXPO2014」において展示され、御来場の皆様も実際に体験していただくことができます。

我が国の優れたコンテンツ技術を発掘・評価する“Innovative Technologies 2014”の採択技術を決定しました(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2014/09/20140916001/20140916001.html

 
skeletonics-alive_01
 
skeletonics-alive_02

次世代デザインが拓く新ビジネス創出セミナー2014にて登壇します

 
次世代デザインが拓く新ビジネス創出セミナー2014にて弊社代表の白久が登壇致します!
※発表者は変更になる可能性があります.

 
次世代デザインが拓く新ビジネス創出セミナー2014
http://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/201493_13001700.html

 

2014年08月04日

平成26年9月3日(水)、港区立商工会館にて「次世代デザインが拓く新ビジネス創出セミナー 2014」を開催いたします。
次世代デザインを担う技術・取組事例を計9件ご紹介いたします。
製品開発にデザインを活用されている方、ものづくり・デジタルコンテンツ・ウェアラブル端末・ロボット分野等におけるデザイン手法に興味がある方、デザイナーの方など、是非ご参加くださいませ。

(印刷・FAX送付用データは下記よりダウンロードください)
パンフレットデータのダウンロードはこちら(pdf)

2014_9_3design_ページ_1.png2014_9_3design_ページ_2.png
【開催趣旨】
革新的なものづくり技術・IT技術・コンテンツ技術の発展にともなって「デザイン」が活躍する舞台・用途は大幅に拡大しています。
本セミナーでは「3Dプリントペン」「ものづくり×マテリアルから発想するデザインの表現方法」「デザイン心理学」「オノマトペを用いた感性評価支援システム」「体感するデジタルテクノロジー」「視覚と触覚を融合したコンテンツデザイン」「ウェアラブルによる次世代ユーザインタフェース」「動作拡大型スーツと未来のロボットデザイン」「芝浦工業大デザイン工学部の紹介」など、
次世代デザインを担う技術・取組事例をご紹介し、企業間連携を推進することで新ビジネスの創出を目指します。

【日時】
平成2693(水) 13001700

【会場】
港区立商工会館(港区海岸1-7-8 東京産業貿易会館6F)※昨年度の開催場所と異なっておりますのでご注意くださいませ。

【定員】
80名(先着順)
※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

【参加費】
無料

【申込方法】
申込期間:平成26年8月11日(月)~9月1日(月)
電話/みなとコール 03(5472)3710 受付時間/9:00~17:00
※8月11日のみ10:00~17:00
FAX/03(5777)8752 ※ファックス申込書は上記データからダウンロードください。

<スケジュール>
1) 13:00~13:25
「空中に立体アートを書ける3Dプリントペン”3Doodler”」
ナカバヤシ株式会社 中林 和久氏

“3Doodler”は、米国のクラウドファンディングサービス”Kickstarter”で集めた資金を基に米国WobbleWorks社が開発した文字や絵を書くような感覚で自由に立体アートを制作できる3Dプリントペン。
立体データから造形を行う3Dプリンタとは異なる、手書き感覚の3Dデバイスとして、大きな注目を集めている。

2)13:25~13:50
「ものづくり×マテリアルから発想するデザインの表現方法”Experimental Creations”」
NPO法人インターナショナル・クリエイティブ・エクスチェンジ・プログラム 理事 上野 侑美氏

“Experimental Creations”はカタチをデザインするのではなく、マテリアル実験やクリエーションのプロセスにフォーカスしたデザインの表現手法。
多様なカタチに応用できる可能性を秘めた、デザインの幅が最も広いアイディア段階を切り取り発表することで、様々な用途への展開が考えられる。

3)13:50~14:15
「デザイン心理学~デザインに科学の裏付けを”evidence based design”~」
株式会社BBSTONEデザイン心理学研究所 代表取締役 日比野 好恵氏

千葉大学発ベンチャー企業。
“デザインに科学の裏付けを”をスローガンとし、見やすさ/分かりやすさ/印象などを数値化する実験心理学の手法を、家電/金融/医療等、様々な顧客企業の製品開発デザインに応用している。

4)14:15~14:40
「オノマトペを用いた感性評価支援システムと製品開発デザインへの応用」
国立大学法人電気通信大学 情報理工学研究科 坂本 真樹准教授

人は「きらきら」(視覚)や「さらさら」(触覚)といったオノマトペ(擬音語・擬態語の総称)で、質感を直感的に表現する。
オノマトペが表す多様な質感を数値化するシステムによって、43種類の感性評価尺度での製品の感性測定や、製品の色などのデザイン推薦を可能にした。

☆☆  休憩  14:40 ~ 14:55 (関東経済産業局より取組紹介あり) ☆☆

5)14:55~15:20
「ライブやイベントはただ見るだけのものから、デジタルテクノロジーによって参加し、体感するものへ」
チームラボ株式会社 Catalyst Div. Marketing Director 中村 洋太氏

ライブやイベントは、ただ見るだけのものでした。デジタルテクノロジーによって、ただ見るだけのものから、参加するものへ変化させることができます。
そして、空間全体を一つのアートのように作ることも可能となり、来たお客さんへ圧倒的な体感を与えることができます。

6)15:20~15:45
「視覚と触覚を融合した新しい体験を提供するコンテンツデザイン」
国立大学法人電気通信大学 大学院情報システム学研究科 野嶋 琢也准教授

視覚に加えて触覚を刺激することで、ユーザーに面白く新鮮な体験を提供する技術を研究。
スマートフォンに柔らかさを感じさせる錯触覚、毛状柔軟アクチュエータによるロボットへの感情表現など、斬新な成果を生み出している。

7)15:45~16:10
「ウェアラブルOS”mirama”とスマートグラスを用いた次世代ユーザインタフェース」
株式会社ブリリアントサービス 取締役 近藤 昭雄氏

独自開発の「mirama」はスマートグラス専用OSとして、光景に情報を重ねわせる機能はもちろんその情報を手のジェスチャーで動かすことができる機能や、開発者が自由にアプリケーションを作ることができる機能デザイン性を持つ。

8)16:10~16:35
「動作拡大型スーツ”スケルトニクス”と未来のロボット開発を牽引するデザイン」
スケルトニクス株式会社 代表取締役CEO 白久レイエス樹氏

2013年グッドデザイン賞を受賞。スケルトニクスは、腕や足の動きに追従して動くリンク機構を用いて四肢の動作全てを拡大し、通常の人体では表現できないダイナミックな腕や足の動きを実現できる独創的デザインの動作拡大型スーツ。
日本のロボットカルチャーが本物のロボットへと結びついていく潮流の最先端に位置していると評されている。

9)16:35~17:00 「芝浦工業大学・デザイン工学部の紹介」
芝浦工業大学 デザイン工学部 デザイン工学科 戸澤 幸一教授

芝浦工業大学・デザイン工学部では「エンジニアリングデザイン領域」「プロダクトデザイン領域」「建築・空間デザイン領域」を柱とし、デザイン工学に関わる様々な研究を行っている。

※終了後、講師との交流

主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2551
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/公益財団法人日本デザイン振興会、一般財団法人デジタルコンテンツ協会、西武信用金庫

第35回刈羽村ふるさとまつり」同時開催のエコ×サイエンスフェスタに参加

 
第35回刈羽村ふるさとまつり」同時開催のエコ×サイエンスフェスタにスケルトニクスがやってきます!

 
イベント – 第35回刈羽村ふるさとまつり|刈羽村
http://www.vill.kariwa.niigata.jp/www/event/detail.jsp?id=3127

 

第35回刈羽村ふるさとまつりのご案内
昭和55年から始まった刈羽村の一大イベント、ふるさとまつりのご案内です。
香西かおりのコンサートを始め、仮装盆踊りや出店、各種イベントが盛りだくさん。
夜の花火大会は、村民一同のスターマインを始め、5号から特10号まで約200発の花火が刈羽平野の夜空に打ち上げられます。

開催場所

名前 刈羽村生涯学習センター「ラピカ」周辺

ご案内

開催期間 2014/08/04~2014/08/15
開催時間 午前10時から午後8時30分頃まで

お問い合わせ先

刈羽村ふるさとまつり事務局(産業政策課)

電話:
0257-45-3913
ファックス:
0257-45-2818
メールアドレス:
sangyou@vill.kariwa.niigata.jp

サイエンスショーをTEPIA先端技術館で開催します

 
この夏,子供向けサイエンスショーやります!

 
夏休みサイエンスフェスタ
http://www.tepia.jp/exhibition/event/2014summer.html
夏休みサイエンスショー「巨大骨格ロボットスケルトニクスショー 8月7日開催申込受付中

 
以下,リバネスからのプレスリリース
「巨大骨格ロボット“スケルトニクス”ショー」TEPIA先端技術館で開催 | 知識プラットフォームのリバネス-Leave a Nest-
http://lne.st/2014/07/16/skeletonics/

この夏休み、TEPIA先端技術館で、リバネスがプロデユースする中高生向けサイエンスイベントを開催します。夢の変形ロボットの開発を目指して沖縄高専卒業の学生たちが立ち上げた「スケルトニクス株式会社」が開発した外骨格ロボットが登場する、日本初のサイエンスショー。スケルトニクスの実物を見て触れることで、その魅力を感じることができます。スケルトニクスに使われている仕組みの原理を理解できる工作も交えた1時間のイベントです。

 

対象は小学校高学年以上となっていますが、特に中・高校生の参加を歓迎します!

日時:2014年8月7日(木)

1:10時〜11時 2:13時〜14時 3:15時〜16時
各回の30分前から受け付け開始
定員:各回100名
会場:TEPIA先端技術館 4F TEPIAホール
〒107-0061 東京都港区北青山2-8-44

 

申込み・詳細:このイベントは事前申込み制です。

以下のURLをご覧のうえ、お申し込みください。

http://www.tepia.jp/exhibition/event/2014summer.html

申込み期間:7月17日(木)〜7月28日(月)17時

企画展「外骨格秘密基地」開催

8月4日(月)~29日(金)渋谷で企画展やります!

以下,GMOアドパートナーズ株式会社からのプレスリリース
http://www.gmo-ap.jp/news/890/

014年07月18日

報道関係各位

GMOアドパートナーズ株式会社

イベントスペース「+SANOW LABs.(サノウラボプラス)」
外骨格クリエイター集団・スケルトニクス株式会社による企画展「外骨格秘密基地」開催
~8月29日にはクロージングイベントも開催~

GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズ株式会社(代表取締役社長:高橋信太郎 以下、GMO-AP)は、インターネットテクノロジー研究機関「Sanowサノウ Labsラボ byGMO」のスピンアウトスペースとして「+SANOW LABs.(サノウラボプラス)」を運営しています。

「+SANOW LABs.」では、外骨格クリエイター集団・スケルトニクス株式会社(代表取締役 白久 レイエス樹)による展覧会「外骨格秘密基地」を 2014年8月4日(月)~8月29日(金)に開催いたします。また、展覧会最終日には、スケルトニクス株式会社代表の白久氏をお招きし、外骨格について語るクロージングイベントも行います。

サイズ小_スケルトニクス株式会社_A4フライヤー

 

【企画展「外骨格秘密基地」について】

2011年 2 月に突如ネット上に現れた巨大外骨格”スケルトニクス”。その正体は、「ロボットに乗りたい」という目的のみで作られた、人間の骨格を参考にしたハンドメイドの動作拡大型スーツです。スケルトニクスは、装着した人間の腕や足の動きに追従して作動する、四肢の動きのすべてを拡大する装置で通常の人体では表現できないダイナミックな腕や足の動きを可能にしています。動力は人力のみで、モーターは搭載されておらず、装着した人間にはスーツの重量と拡大率に比例した負荷がかかります。

2013年10月にはグッドデザイン賞を受賞するなど、ライブエンターテイメント分野の新たな表現手法の一つとして注目を集めており、これまでに5世代のスケルトニクスが作られました。

本展では歴代スケルトニクスの展示はもちろん、スケルトニクスが作られている製作工房を会場に再現します。なぜこの現代社会にスケルトニクスは生み出されたのか?ぜひ会場でお確かめください。

 

 

 

 

【本企画展概要】

会期 2014年8月4日(月)~2014年8月29日(金)  10:00~19:00※休館日:土曜、日曜、祝日※8月21日(木)はメンテナンスのため15:00閉館
入場料 無料
会場 渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス1階 「+SANOW LABs.」
展示内容 スケルトニクス株式会社の製作工房を再現。外骨格の製作現場を肌で感じることができます。※展示、企画作品は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

 

【クロージングイベント概要】

展示会最終日の8月29日(金)には、スケルトニクス株式会社代表の白久氏をお招きし、クロージングイベントを開催いたします。

日時 2014年8月29日(金)  20:00~22:00 (開場 19:30)
参加方法 無料 (予約不要、どなたでもご参加いただけます)
会場 渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス1階 「+SANOW LABs.」
内容 スケルトニクス株式会社・代表の白久氏が、外骨格について語るトークショーなど。※展示、企画作品は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

 

【スケルトニクス株式会社とは】URL:http://skeletonics.com/

乗れるロボットを追求する外骨格クリエイター集団。2010 年 8 月に高専ロボコン全国優勝を果たした沖縄高専の学生 3 人によりチームスケルトニクスを結成。2011 年 2 月に初期モデルが完成。WEB を始めとした各種メディアに取り上げられる。2013年 10月に法人化、スケルトニクス株式会社となる。グッドデザイン賞、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦のほか受賞多数

 

【+SANOW LABs.(サノウラボプラス)とはURL:http://plus.sanowlabs.jp/

渋谷から世界へ。

「+SANOW LABs.」は、「アートとテクノロジー」が融合する少し不思議な空間として運営している、インターネットテクノロジー研究機関「Sanow Labs byGMO」のスピンアウトスペースです。グラフィックやインスタレーションをはじめ、写真、音楽、映像、ファッションなどの人を惹きつける「アート」の空間で、時代を創るクリエイター、エンジニアらが集い、交錯することを目的に誕生しました。リアルな人と人のコミュニケーションと「アート&テクノロジー」交錯の場から、新しい東京の文化が育まれるよう運営しています。

以上

【企画展に関するお問い合わせ先】

●GMOアドパートナーズ株式会社 +SANOW LABs. 担当者:下條
TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701
E-mail:ap-sec@ml.gmo-ap.jp

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOアドパートナーズ株式会社 グループ社長室
TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701
E-mail:release@ml.gmo-ap.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 担当者 担当者:細田・石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611
E-mail:pr@gmo.jp

The 4th KMD Forum 1日目

慶應義塾大学日吉キャンパス協生館にて今日から二日間開催されている,
The 4th KMD Forum に参加しております.

DCIM100GOPRO

稲見研究室の皆様のご好意により,
稲見昌彦教授が開発された光学迷彩とのコラボレーションが実現しました.

光学迷彩
http://www.star.t.u-tokyo.ac.jp/projects/MEDIA/xv/oc-j.html

DCIM100GOPRO

用意されているファインダーから覗きこむと...

IMG_4134なんとスケルトニクスの外装部分が透明に!

この技術を応用して,
安全性向上のための後部座席が透けるプリウスが作られているそうです.

光学迷彩で後部座席が透明になったプリウス « WIRED.jp
http://wired.jp/2012/10/15/transparent-back-seats/

将来,巨大ロボットのコクピット内部にぜひ搭載されてほしい技術です.

DCIM100GOPRO

再帰性反射材をまとっているため,外装は白色から灰色に.

明日のデモンストレーションは2回となっております.
1st 13:30 – 13:45
2nd 16:30 – 16:45

他にも最先端の技術が搭載された展示物ばかりなので見どころいっぱいです.
ぜひご来場下さい.