スケルトニクス®シリーズ

第一世代

スケルトニクス®・初号機
(Skeletonics Unit 01)

Skeletonics_No01_01
最初の動作拡大型外骨格.プロジェクト開始から半年間の開発を得て完成.完成後は動画を公開し世界中に衝撃を与える.当初は拡大率2倍を目標に製作がスタートしたが,脚への負荷が大きすぎたために下半身は拡大率1.5倍に倍率を下げている.以降のモデルでも,上半身は2倍,下半身は1.5倍の拡大率となっている.

  • completion date: 2011/02@Okinawa
  • size: 2.6[m]
  • weight: 40[kg]
  • wearing time: 8[min]
  • operating time: 5[min]
  • frame designer: Aka,Shiroku,Tamashiro
  • cowl designer: Shiroku
  • pilot: Aka