Hi
チームスケルトニクスのイカレ回路担当の中野です

 

昨晩はEagleの紹介でしたが、
今日はぼくがこのごろEagleから乗り換えたKiCADの紹介。

Eagleは無料版だと基板サイズに制限があって、
少し大物の基板(先日の記事のモータードライバとか)を設計するには、
有料アップグレード必須になってきます。

有料版の購入も考えましたが、いまいちEagleに慣れられなかったぼくは、
他のCADへの乗り換えを検討しました。

んでKiCAD(http://kicad.jp/)
がトランジスタ技術で解説されてるのを見かけて、
おおこいつでいくか と試してみたら、
いろいろ使い勝手が良い感じなので、KiCADへ移行したといったところです。

以下に、ぼくが感じたそれぞれの特徴をまとめてみます。

Eagle

  • なんといっても普及率が高い。世界中にかなりの情報の蓄積がある。PCBメーカーもEagleのデザインルールを用意しているところが多い。
  • 日本語の資料が豊富。 日本語は、というより、世界中で資料が豊富。
  • ライブラリが豊富。たとえ標準のライブラリにほしい部品が無くても、webで公開されているライブラリが多い
  • 操作系が独特
  • ホイール付きマウスを用意すると使いやすい

KiCAD

  • オープンソースで、利用は無料。 基板サイズ制限無し。
  • ライブラリの構成が、回路図とフットプリントで別になっているので、回路図を書いたあとに、実装を考えながら部品のパッケージを選択できる
  • ライブラリの部品点数は少ないが、そもそも回路図記号とフットプリントを別に考えれば、あまり凝った部品でも使わなければ、それぞれはそんなに数は必要ない
  • 操作系が独特だが、単純なので慣れるのが圧倒的に速い(UGとSWくらい体感が違った(伝われッ))ショートカットキーが使いやすい。(特にThinkPadユーザーに優しいかも
  • 分圧計算等、いくつかの回路計算を補助する計算機ソフトウェアがいっしょになってて、らくちん
  • 画像をシルク等のフットプリントデータに変換するソフトウェアがいっしょになってる。 ロゴや絵面を重視するならかなりありがたい

 

以上は、あくまで僕個人の使用感です。
CADはプロジェクトに適したもの、という選択基準もありますが、
かなりの操作を伴うので、自身が操作感に馴染めるかも重要だと思います。
一度めぼしいソフトウェアを使い比べてみて、決めるのもいいんじゃないかと感じました。
(ありがたいことに、多くの無料使用ができるソフトウェアがありますし。

 

それでは、自分に合った回路CADをみつけて、たのしいハッキングライフを!  ノシ

【中野桂樹】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です