エンターテイメントを活用して技術を普及させる Team Skeletonics
http://eng-ga.com/team-skeletonics.html

10代の頃から機械に囲まれ、お金のない中で学校に捨てられた廃材を使ってロボットを作る日々を送った。その泥臭いモノづくりに関する経験を土台に、学校で学んだ先進的な知識を生かした開発を行う。

授業が終わると毎日のように工場に引きこもり,仲間と共にモノづくりを楽しんでいた.
ここで培った技術体系を,”サバイバル物づくり”と呼んでいる.

廃材からロボットを作る方法は学校では教わらない.
遊びの中で自然と作り方が身についた.

プロトタイプに綺麗な部品は必要無い.
サバイバル物づくりは今でも試作品を作るときに役立っている.

 

IMG_1925

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です